「ペーパー空間とビューポートの使い方」について

当サイトでは、オートキャド(AutoCAD)の機能である「ペーパー空間」をテーマに色々と説明をしています。

ペーパー空間の概念、どんな使い方をすれば良いのか、そして具体的な操作方法はどうなのか、などなど。

このサイトを隅々まで読めば、オートキャド(AutoCAD)を操作する際に、少なくともペーパー空間については問題なく使いこなせる。

そんな有益なコンテンツを提供していきたいと思っているので、興味のあるかたはぜひ読んでみてください。

このページは基本的には新しい記事が上に並ぶようになっているので、最初から読みたい方には不親切かも知れません。

右側にある「カテゴリー」は上から記事の順番毎に並べているので、上から順番に読んで頂ければと思います。

レイヤーの管理はどう考えるか


オートキャド(AutoCAD)でモデル空間に図面を作図する際には、縮尺(文字のサイズ)を意識して作図する必要があります。

例えば1/50と1/10など異なる縮尺の文字や寸法を、同一の図形に重ねて記入するのは難しいです。

何故かというと、そのままペーパー空間を素直に印刷した場合、このような状態になってしまうから。

寸法を重ねて記入した状態

 

これを解決する為に、モデル空間で異なる縮尺の寸法や文字などを、異なるレイヤーに分けて作図していくやり方があります。

ビューポートの中では、個別にどのレイヤーを表示するかの設定をすることが出来ます。

その機能を利用して、重ねて記入した寸法のどちらかを表示させ、どちらかを非表示にする。

そうすれば、それぞれのビューポートで異なる縮尺の図面として表現することが出来るようになります。

上図をそれぞれ1/10と1/50のビューポートに分けて、このような表現にするのが目的ですね。

レイヤー表示切り替え

ただ、これをやった場合はレイヤー管理が煩雑になりがちで、データを渡す相手に分かりにくい場合があります。

それをどうするのか、という話を今回はしてみます。

続きはこちらから »

カテゴリー:問題点の解決方法

モデル空間での文字サイズ


自分で作図したオートキャド(AutoCAD)のデータを相手に渡す際に、出来るだけ分かりやすい状態を心がける。

そんな話を前回はしました。

相手がいることですから、どこまでやるのが「分かりやすい」なのかは、ここで断言することが出来ません。

しかし、何も考えずにデータを構成していくよりも、ある程度データを渡すことを想定した方が良い、というのは事実だと思います。

もちろんその為に膨大な手間と時間がかかるようであれば、ある程度の割り切りが必要になってきます。

相手にデータを渡すことが仕事の全てではないので、そのあたりのバランス感覚を持っていないと、仕事のスピードに影響が出てしまいますが。

そのあたりが実際の仕事で難しいところです。

当サイトとしては、オートキャド(AutoCAD)のスキルを上げて、出来るだけ影響が出ないようにする、という話しか出来ません。

と言うことで……

当サイトでは「あまり仕事に影響のない範囲で」という前提で、データを渡すことを考えた構成を心がけることをお勧めします。

今回は、ビューポート機能を使う際に分かりにくいと思われるもうひとつの要因、画層の表示設定をどのように分かりやすくするかを考えてみます。

続きはこちらから »

カテゴリー:問題点の解決方法

説明コメントを入れる際の注意点


モデル空間に作図した図面のどのあたりをビューポートで抜き出しているのか、そして縮尺はどの程度なのか。

そのあたりの情報がすぐに分かるよう、モデル空間ないに非印刷レイヤーでコメントを入れておく。

こうすることによって、データを渡した相手に少しでも自分の思惑を伝えることが出来るようになります。

印刷されないレイヤーに記入しているので、完成図面の邪魔をすることもなくどんどん書き込むことが出来ます。

どんなデータ構成にしているのかを相手に伝えにくい中で、この方法は地味ですが結構有効に使えます。

まあちょっとアナログ的なやり方ですけど……

しかし、これがあるのとないのとでは分かりやすさが大きく違うので、ぜひコメントを入れるようにすることをオススメします。

ただ、注意しておきたい点が2つほどあります。

今回はそのあたりの注意点について簡単に説明をしておこうと思います。

続きはこちらから »

カテゴリー:問題点の解決方法

コメントで少しでも分かりやすく


他人が作図したオートキャド(AutoCAD)のデータは、自分とはやり方が違うので分かりにくいことがあります。

その場合はどうすれば良いのか、という話を前回はしましたが、結局は色々なやり方が出来るようになっておくことが一番の解決方法です。

相手の作図方法を無理矢理変えてしまうことは出来ないので、自分が相手のやり方を覚えておくしかありません。

もっと画期的な解決方法を紹介出来れば良かったんですけど……

結局長い目で見れば、オートキャド(AutoCAD)の操作に関する引き出しを増やすことは、決して悪いことではありません。

そんな訳で、ペーパー空間の縮尺やビューポートの表示設定などについては、ある程度自分で何とかするしかない、という話でした。

後は自分で図面を作図する際に、出来るだけデータを渡す相手に分かりやすく、と心がけることも大事です。

相手から送られてきたデータが分かりにくかったから、こちらも好き勝手なデータ構成にしても良いのでは。

ついついそう思ってしまいますけど、何かちょっと違いますよね。

わざとそうした難解なデータ構成にする必要はないので、出来るだけ自分にも相手にも分かりやすいデータにすることをお勧めします。

今回はそうした「分かりやすいデータ」にする為のポイントをいくつか紹介したいと思います。

続きはこちらから »

カテゴリー:問題点の解決方法

色々なやり方に対応していく


モデル空間に作図対象をそのまま作図して、ペーパー空間で図面としてレイアウトしていく。

作図する図面の種類にもよりますが、これがオートキャド(AutoCAD)の一般的な作図方法です。

しかしその為のやり方は色々あって、どのやり方が良いかは作図する側の判断によって変わってくることに。

他人が作図した図面のデータを編集する際には、そのやり方が自分の考え方と違う場合があって、非常に分かりにくいことがあります。

そして、それぞれのビューポート毎にレイヤーの表示設定をすることが出来ることが分かりにくさを倍増させることに。

ちょっと極端な例えかも知れませんが、モデル空間に作図してある図面はこんな状態なのに……

モデル空間の画層

ペーパー空間に移動したらこんな表示になっていたら、何がどうなっているかが一瞬分からないですよね。

ペーパー空間での表示

もちろん作図した本人は分かっているとは思いますけど、データを渡す相手が全く分からないようではちょっと困ります。

このあたりの解決方法にはどんなものがあるのか、というあたりの話を今回は考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

カテゴリー:問題点の解決方法

このページの先頭へ