ビューポートを煩わしく思う場面


ビューポートというのはオートキャド(AutoCAD)が持っている機能の中でも、かなり便利な機能ではないか。

この機能がなければ出来ないことが色々あるので、もはや手放すことが出来ない機能と言っても過言ではない……

オートキャド(AutoCAD)を使い慣れている私の感想としては、やっぱりそうした身内贔屓的な発想になります。

身内という訳では全然ないんですけど、長い期間使っていると、やはり愛着が湧いてくるものですよね。

たとえ新しいバージョンが使い物にならない状態でも、なかなかユーザーを辞める訳にはいきません。

あと2バージョンくらいダメな状態が続いたら、さすがにユーザーは離れていくんじゃないか。

とか色々と考えてしまいますけど、まあこれは私が決めることでも心配することでもないですよね。

もっと別の強力なCADがライバルとして現れて欲しい、というのがユーザーの正直な気持ちですが。

これも私がどうこう出来ることではないので、1ユーザーとしてはメーカーさんに期待をするしかない訳です。

どうも愚痴っぽくなってしまいましたね。

続きはこちらから »

ビューポートが分かりにくい原因


オートキャド(AutoCAD)のペーパー空間とビューポート機能を使う際に、どのような点に注意をすれば良いか。

そんな話を前回は取り上げ、まずは以下のような項目を箇条書きにしてみました。

・ビューポートを駆使しすぎると複雑で分かりにくい

・ビューポートの数を増やすと表示に時間がかかるようになる

・ペーパー空間内での作業は比較的エラーが出やすい

・他のCADへの変換が上手く出来ない

これから上記項目を順番に詳しく解説していきますが、まずはビューポートが複雑で分かりにくいという点から。

かなり便利な機能なんだけど、やり過ぎると作成した本人以外には理解しにくいCADデータになってしまう。

これがビューポートの欠点なのかどうかを私が決める訳にはいきませんが、データの構成が複雑になりがちなのは事実です。

だからと言って、ビューポート機能を全く使わないで図面をまとめるという選択肢も難しいところです。

結局は使うしかない。

そういう結論に至る訳ですけど、極力分かりやすさを保つために、どのようなやり方をすれば良いのか。

そのあたりの対処法も含めて色々と書いていきたいと思います。

続きはこちらから »

ビューポートを使う際の注意点


便利な部分と不便な部分の両方を知っておくことによって、その機能をより有効に活用することが出来る。

前回はそんな話をしましたが、まあこれは当たり前の内容でしたね。

仕事でオートキャド(AutoCAD)を使う際には、どの機能を使って図面を描くのが最も効率的なのかを、常に考えながら作業します。

もちろん毎回それを意識する訳ではなく、何か作業をする際には無意識に、今までやってきた作業の中から良さそうなやり方を選んでいきます。

そうした操作の選択肢が多くなればなる程、効率の良いやり方を選べる可能性は高くなっていく、という考え方です。

と、そんな当たり前の話をそのままストレートに書いたので、かなり堅苦しい感じの話になってしまいました。

もっと具体的な話をしていかないと、ただ単に長いだけで、結局読む人の役に立たないことになりそうです。

と言うことで……

今回からは、ビューポート機能を使う際に気を付けておきたい点について色々と書いていきたいと思います。

続きはこちらから »

その機能の弱点を知る意味


当サイトでは、オートキャド(AutoCAD)の機能であるビューポートの特徴や具体的な使い方などについて解説をしています。

どうしてわざわざ説明をするのかというと、理由は幾つかありますが、大きなのは以下の点です。

・ビューポート機能は便利なのでお勧めしたい

・しかし設定が分かりにくいので簡単な解説が必要に感じる

・便利だけど気をつけないとダメな点もあるのでそれを伝えたい

便利だけどちょっと設定は複雑なほうで、ちょっとした注意点もある、というのがビューポート機能の特徴です。

どんな機能にも、大なり小なりこうした点があるものですが、ビュートはそれが比較的大きいんじゃないか。

これが1人のユーザーとしての感想です。

ビューポートがどれだけ便利なのか、というあたりの話は今まで色々としてきたので、そろそろ書くことがなくなってきた感じです。

具体的な操作の手順についても、ちょっと分かりにくいかも知れませんが、詳しく説明をしてきたつもりです。

なので、このカテゴリでは「どういう部分に気をつけておけば良いのか」という注意点にフォーカスしてみたいと思っています。

続きはこちらから »

このページの先頭へ