ビューポートの数という問題


オートキャド(AutoCAD)の便利な機能であるビューポートですが、色々やり過ぎると分かりにくいという運用上の問題点を今まで紹介してきました。

では具体的にどうすれば良いのか?

……という話に進んでいこうと思っていましたが、まずは問題点を書ききってしまわないと、話の収拾がつかないことに気が付きました。

カテゴリも「運用の注意点」になっているので、まずはどんな注意点があるのかを一式紹介することにします。

その後でじっくりと問題解決案を紹介していく、という順番で話を進めていこうと思います。

ちょっと迷走気味で申し訳ありませんが、以前紹介したビューポート運用時に気を付けたい項目に戻ります。

・ビューポートを駆使しすぎると複雑で分かりにくい

・ビューポートの数を増やすと表示に時間がかかるようになる

・ペーパー空間内での作業は比較的エラーが出やすい

・他のCADへの変換が上手く出来ない

ようやく一番上の項目について説明を終えたので、今回はその次の項目であるビューポートの数を取り上げます。

これは結構やってしまいがちなことで、実際にとても困る問題点でもあるので、解決方法も含めて覚えておいて頂きたい内容です。

と言うことで、まずはどんな条件で問題があるのかについて説明をしていくことにします。

続きはこちらから »

一番の目的が何かを考える


人によってビューポートの使い方は色々で、時には使いにくい場合もある、という話が長くなってしまいました。

長くなってしまったのでもう終わりにします、と書いてからも相変わらず長いので、本当にそろそろ終わりにしたい。

と言うことで、すぐに本題へと入ることにしましょう。

私がオートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く際に、どんな点に気をつけて作業をしているか、という話です。

これを短い言葉で表現するのはなかなか難しいです。

でもあえて表現をしようとすれば、「自分以外には分からないデータ構成にすることを極力避ける」こと。

これがまず一番大事ではないかと思います。

もう少し具体的な表現をすると、あまり一般的ではないような高度な機能を使わないようにする、という感じです。

オートキャド(AutoCAD)は本当に便利なツールで、基本的な作図機能以外に高度な設定を色々とやることが出来ます。

日常的にオートキャド(AutoCAD)を使っている側にとって、そうした機能は省力化にもつながるのでありがたいものです。

しかし、それらの機能を駆使することが必ずしもベストではない、という現実も残念ながらある訳です。

続きはこちらから »

様々なやり方を認めること


ビューポートは色々な使い方が出来る便利な機能だけれど、人によってやり方が違ってくる場合があります。

これはビューポートに限った話ではありませんけど、自由度の高いビューポートではそうなりがちです。

人が作成したデータがどんな構成になっているか掴みにくいのは、そうした要因があるからなんです。

ただこれは、もうある程度のところまでは仕方がないことなのではないか、そう私は思っています。

私は仕事でオートキャド(AutoCAD)を使う場合、自分が「このやり方が良い」と思っている手段で作業します。

これはオートキャド(AutoCAD)のプロとして当然の事だと思いますし、他の方も同じでしょう。

プロとして仕事をしている中で、目指すところは同じような場所だけれど、そこに至る道は少しずつ違う訳です。

だからお互いのやり方をある程度は尊重したいものです。

尊重するのが難しい場合であっても、自分と違っているからという理由でダメと言わないようにしたい。

まあこれはなかなか難しいことではあるんですけど、相手の仕事を認めない人はなかなかスキルアップしないもの。

人の良いところはどんどん盗んで自分のモノにするくらいの気持ちで仕事をやっていきたいものです。

続きはこちらから »

分かりにくさの大きな要因


今まで何回かに分けて「人が作図したオートキャド(AutoCAD)のデータはやりにくい」という話をしてきました。

作図する側による自由度が高めのビューポート機能の場合は、特にそうした傾向が強いという話でした。

…が、ちょっと話が長くなりすぎてしまいました。

本来このカテゴリでは、ビューポート機能を運用するにあたって気を付けたい点について話をする予定でした。

それなのに、一つのポイントだけで話が長すぎてしまい、全然次に話が進んでいってません。

このあたりの「人のデータは使いにくい」という話は今回で終わりにして、そろそろ次の話に進んでいくことにしましょう。

話が長くなってしまったので、今回は簡単に今までの話をまとめておき、どんなことを伝えたかったのかを明確にしておこうと思います。

最初からそれをすれば良かったような気もしますが……

今まで色々書いてきたことが全く意味のないことという訳でもないので、とりあえず消さずに取っておくことにします。

 

続きはこちらから »

自分流のやり方という問題点


ビューポートを運用する上での注意点を色々挙げていくつもりが、いつのまにか「人のデータは使いにくい」という主旨の話になってしまいました。

ピントのズレた話が続いてしまい申し訳ありません。

これは完全に記事を書いている私の個人的な都合なんですけど、少し記事を書く間隔が開いてしまったことも影響しています。

と、言い訳はこのくらいにしておき、どんどん話を進めていきましょう。

「自分以外の方が作図したデータが使いにくい」という話と、ビューポート機能の間には何か関係があるの?

そういう意見もあると思いますが、今までの経験から考えると、そこには大きな関係があるんです。

オートキャド(AutoCAD)が持っている機能の中で、ビューポートというのはなかなか複雑な機能です。

だからこそ便利で手放せない訳ですけど、複雑な機能であればあるほど、人によってやり方が違ってくる傾向にあります。

シンプルに線を引く場合には、線の開始点と終了点をクリックするしかやり方はないので、誰でも同じやり方をします。

まあ全て座標入力するとか二点目は相対座標入力をするとか、考えればいくつかの手段はあるんですけど……

それでも「線の始点と終点を指定する」という基本的な方針が変わることはありません。

しかしビューポートの場合は、モデル空間の任意の範囲を任意のサイズ・縮尺で抜き出すことが出来ます。

「任意」という表現を使いましたが、要するにオートキャド(AutoCAD)を使う側で決められることが結構あるということ。

こうした自由度の高さが原因で、人によってやり方が大幅に違ってしまうなどの問題が出てくることになります。

自由度が高いというのは非常に良いことではあるんですけど、それが逆に問題になる場合もあるという……

これはちょっと贅沢な悩みなのかも知れませんね。

続きはこちらから »

このページの先頭へ