線種尺度を個別に変更する方法


前回は、ペーパー空間内の線種尺度を、モデル空間の設定に合わせた場合の問題点を取り上げてみました。

異なる縮尺の図面を表現する場合に、線のピッチが合わなくなる、という問題があるんです。

前回の話で例に出した図面がこちら。

縮尺1/10で抜き出した場合

縮尺1/10の図面では、1/50の図面に比べて、線のピッチがかなり粗くなっているのが分かると思います。

こうなってしまった場合にはどうすれば良いのか、という話を今回はしたいと思っていますが……

当サイトで推奨する、ペーパー空間の縮尺を1/1で作図する、というやり方では解決しない場合もあるんです。

今回はそのあたりも含めた説明をしていきます。


■線種尺度設定は二種類ある

ペーパー空間内に異なる縮尺の図面を表示する場合には、線種尺度を個別に設定してあげる必要があります。

オートキャド(AutoCAD)には、線のピッチをコントロールする線種尺度の考え方が二種類存在します。

・グローバル線種尺度

・オブジェクト毎の線種尺度

以前紹介した「LTSCALE」による線種尺度の設定では、グローバル線種尺度を変えることが出来ます。

つまり、その図面全体の線種尺度です。

しかし個別に線種尺度を変えたくなることも多いので、その場合はオブジェクト毎に持っている線種尺度で設定をします。

 

■個別に線種尺度を変える

縮尺1/10のビューポート内をダブルクリックで、まずはモデル空間内を編集出来る状態にします。

その中に表示されている通り芯を2本選択して、オブジェクトプロパティ画面を見ると、こんな状態に。

 

通り芯のオブジェクトプロパティ

 

 

線種尺度の項目が1になっているのが分かります。

これはグローバル線種尺度とは別の設定で、この数値でも線の表示設定をコントロールすることが出来ます。

縮尺1/50を前提とした図面で、縮尺1/10の図面にする訳だから……線のピッチを細かくしたい。

だから線種尺度は10/50にしたい、つまり0.2に設定すれば良い、という計算になります。

なので、オブジェクトプロパティ画面から、線種尺度の項目にある1を0.2に変えてしまいましょう。

 

線種尺度の設定変更

 

そうすると、縮尺1/10で抜き出した図面内の一点鎖線は、丁度良い状態に変わってくれました。

 

線種設定を変えた後の状態

 

ここまでは良いんですが、今回の例ではちょっと問題があります。

それは上記画像を見て頂ければ分かると思いますが、そのあたりの話は次回に詳しく説明したいとい思います。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ペーパー空間の縮尺

このページの先頭へ