間違いがなく読みやすい図面


オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描くプロとして、相手から評価されるのはどんな点なのか。

前回はそのあたりを考えてみました。

プロとしてどのような点に気を配っているかは、仕事をする方によって少しずつ違うとは思います。

自分と違う意見だからと言ってそれを否定するつもりはありませんが、私の意見としては以下のような点になります。

・図面の品質(間違いがないか・見やすいか)

・納品までのスピード

・要望に沿った図面かどうか

これらの項目をバランス良く備えた図面をコンスタントに作図していく、というのがプロの仕事だと思っています。

どれかが突出していて、その代わりにどれかが不足している、というのはちょっと良くないです。

「普通」がどの程度のラインなのかをここで書くことは難しいですけど、全て普通よりも少し上、というのが理想的ですね。

今回は、上記に挙げたそれぞれの項目について、簡単にですが触れてみることにします。

続きはこちらから »

カテゴリー:雑談-図面の仕事

プロはどこで評価されるか


前回は、喫茶店でコーヒーを飲んだ時の評価という、あまりオートキャド(AutoCAD)に絡まない話で終わってしまいました。

もちろん何の意味もなく、単なる雑談としてこんな話をしている訳では決してありません。

プロが受ける評価という意味では、オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く仕事も一緒。

これを伝えたかったんです。

こういうお説教くさい話は、一緒に仕事をしている若い人にすると、遠回しに煙たがられるものです。

もしくは露骨に嫌がられる場合も。

私もそこそこ若いんですけど、もっと若い時にはこうした話をされると鬱陶しく感じたものです。

それが顔に出てしまうのも若さですよね。

こうした話は相手に聞かせたいというよりも、自分が話をしたいという欲求が先行するもので、だから嫌がられるのでしょう。

しかしここに書くだけであれば、読んでいる方に読むのをやめるという選択肢がある分だけ気が楽です。

誰に対して何を言い訳しているのか、ちょっと分からなくなってますが、もう少しだけプロの評価について話を続けます。

続きはこちらから »

カテゴリー:雑談-図面の仕事

プロとして評価されるということ


オートキャド(AutoCAD)はかなり自由度の高いCADで、色々な操作のやり方があります。

その中でどんな操作を選んでいくかによって、仕事の効率が変わってくることになります。

仕事を効率よくこなしていけば、CADのプロとして評価が良くなるし、逆であれば評価が悪くなる。

これは当たり前のことだと思います。

その評価が、オートキャド(AutoCAD)の操作方法によって変わってくるとしたら……

これは結構影響が大きなことだと思います。

このあたりの話は、人によって微妙に意見が違ったりするので、あまり自分の考え方を押しつける気はありません。

それに、書き始めると長くなってしまうこともあるので、あまり書きすぎないようにしないと。

ただ、当サイトで書きたいことはもうすぐなくなるので、少しだけ雑談をしても良いかなと思ってます。

続きはこちらから »

カテゴリー:雑談-図面の仕事

  • Page 2 of 2
  • <
  • 1
  • 2

このページの先頭へ