「ペーパー空間とビューポートの使い方」について

当サイトでは、オートキャド(AutoCAD)の機能である「ペーパー空間」をテーマに色々と説明をしています。

ペーパー空間の概念、どんな使い方をすれば良いのか、そして具体的な操作方法はどうなのか、などなど。

このサイトを隅々まで読めば、オートキャド(AutoCAD)を操作する際に、少なくともペーパー空間については問題なく使いこなせる。

そんな有益なコンテンツを提供していきたいと思っているので、興味のあるかたはぜひ読んでみてください。

このページは基本的には新しい記事が上に並ぶようになっているので、最初から読みたい方には不親切かも知れません。

右側にある「カテゴリー」は上から記事の順番毎に並べているので、上から順番に読んで頂ければと思います。

dxf変換をする際の問題点とは


異なるCAD同士で図面データをやりとりする為には、中間ファイルであるdxf形式のデータを経由する場合がほとんどです。

メーカー同士仲が良いのか分かりませんが、直接dwg形式のデータを開けるCADがあったりあしますが……

そうしたケースは極めて稀で、大抵の場合はdxf形式のデータを経由して図面を開くことになります。

しかし、中間ファイルによりデータのやりとりは、お世辞にも完璧とは言い難い状況になったりします。

このあたりの話が、ペーパー空間内に色々とビューポートを配置した際の問題点になってくる訳です。

なので今回は、中間ファイルであるdxfを経由した図面が、どのような変化をするかについて考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

中間ファイルの役割と利用方法


CADのデータ変換がどんなものなのか、そして、そもそもなぜそうした変換が必要になるのか。

前回はそのあたりの話を簡単にしてみました。

色々な図面の種類毎に適したCADは違ってきて、それぞれが別々のCADデータ形式を持っている。

だからお互いのデータを開く為には、相手のCADでも開くことが出来る形式のデータを用意してあげる必要があるんです。

それが「中間ファイル」という考え方です。

中間ファイルというのが正式な呼び方かどうかは分かりませんが、要するにどちらのCADでも開ける形式のデータという意味です。

今現在最も使われているのは恐らくdxfというデータ形式ですね。

今回はその中間ファイルであるdxfデータがどのような役割を持っているか、どんな使い方をするのかについて考えてみましょう。

続きはこちらから »

CADの種類とデータ形式について


オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く際に、ビューポートを利用する場合の注意点について今まで色々と取り上げて来ました。

前回まではエラーが出やすいという問題と、その問題を解決する方法について説明をしました。

とは言っても解決方法というほどの画期的な話ではなくて、単にこまめに保存をしましょうというだけの話でしたが……

こうしたオートキャド(AutoCAD)側で発生する問題には、地道な対策しか出来ないものです。

エラーについての話はこの辺にしておいて、今回からは今まで書いてきた以下の内容から、最後の項目を取り上げます。

・ビューポートを駆使しすぎると複雑で分かりにくい

・ビューポートの数を増やすと表示に時間がかかるようになる

・ペーパー空間内での作業は比較的エラーが出やすい

・他のCADへの変換が上手く出来ない

オートキャド(AutoCAD)以外のCADへのデータ変換について。

これは実際の仕事で結構困ることでもあるので、どんな問題があるのかをしっかりと掴んでおきたいところです。

ペーパー空間にはどういった特徴があって、それがデータ変換時にどんな問題へと繋がっていくのか。

今回はそのあたりの話を考えてみたいと思います。

続きはこちらから »

まずはデータを保存する習慣を


ビューポートの配置やコピーをペーパー空間内でやっていると、普通にモデル空間で線を引いたりするよりもエラーのリスクが高い気がします。

「気がします」としか表現できないのはちょっと中途半端ですけど、まあここで断言するのも乱暴なので仕方がありません。

私は別に統計をとる学者ではないので、実験の結果エラーのリスクが1.8倍になることが分かりました、とか言うことは出来ません。

もっと単純に、オートキャド(AutoCAD)を使って仕事をしている立場として、何となく危ないということだけが伝わればそれでOKなんです。

そのくらいのニュアンスで考えるだけで、実際の仕事ではもう充分。

そうしたリスクがある事を知っているのだから、その危険を回避する手段をとるだけですよね。

そこにエラーの危険が何倍になるとかは全然関係なくて、リスクが少し高いなら対応しておくというシンプルな話です。

具体的にはどうするのかというと……

図面を作図している中で、ペーパー空間に移動するような作業をする前には、データを保存しておく癖を付けておく。

これだけです。

「ペーパー空間に移動する前に保存しておく」習慣を付けることで発生するデメリットはほとんどありません。

もしあるとしたら、そこで保存の作業をする手間が増えることだけですが、そんな作業は一瞬で済んでしまいます。

と言うことで。

当サイトでは、ペーパー空間で作業をする前には、積極的にデータを保存しておくようにすることをオススメします。

続きはこちらから »

ペーパー空間での作業とエラーの関係


オートキャド(AutoCAD)でビューポート機能を使う際に発生する問題点としては、今まで何度も書いていますが以下のような項目があります。

・ビューポートを駆使しすぎると複雑で分かりにくい

・ビューポートの数を増やすと表示に時間がかかるようになる

・ペーパー空間内での作業は比較的エラーが出やすい

・他のCADへの変換が上手く出来ない

今までの話で上から2番目までは説明しましたので、今回は上から3番目の項目、エラーの頻度について取り上げてみます。

早速何が問題なのかを考えてみると、まあ先ほど書いた項目の内容そのまんまですけど……

ビューポートを配置したりコピーしたり、ビューポートの表示設定を変えたりというペーパー空間内での作業は、結構エラーが出やすいんです。

この問題は、実際オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く仕事をしている方であば、結構共感して頂けるんじゃないかと思います。

続きはこちらから »

このページの先頭へ